若ハゲになる原因は?10代のハゲは遺伝によるもの?

薄毛さん

 

ハゲは年齢と共に進行していきます。はっきりとした原因は、分かりませんが老化や仕事のストレスが原因だとされています。しかし、若くしてしかも10代で禿げてしまう若ハゲといものがあります。

 

なぜ、若くして禿げてしまうのでしょうか。今回は、なぜ若くして若ハゲになってしまうのかについて、その原因をいくつか紹介します。

 

若ハゲのほとんどの原因が遺伝によるもの

両親や祖父、曾祖父など代々髪の毛が薄い家系は若ハゲになりやすい傾向にあります。何代も若くして髪の毛が薄ければどうしてもその遺伝情報が伝わってしまいます。そこに生まれた証なのですが、10代でなぜ若ハゲになってしまうのかと嘆いている方もいるかもしれません。

 

特に10代からの若ハゲは父や祖父など男性が薄いと影響があるようです。受け継いだ遺伝は、変えることはできませんがこれ以上若ハゲにならない為に10代から予防することはできます。

 

考え方をかえれば、抜けやすいと言うだけで10代から抜けにくい環境を整えれば若ハゲを食い止める事が出来るのです。しかし、親族が禿げていないにも関わらず、10代で若ハゲになってしまったという方は他に原因があります。

 

たとえば、10代から喫煙、飲酒など体に悪影響を及ぼすものを摂取すると10代でも若ハゲになってしまうケースがあるようです。

 

また、学校でのストレスで一時的に10代で若ハゲになってしまうケースもあります。髪の毛は非常にストレスに弱いですから、日ごろ辛い事が続くとストレスホルモンが増えどうしても増えやすくなってしまうのです。

 

10代の若ハゲの予防方法

まずは、髪にとって良い環境にするという事が一番です。規則正しい生活を毎日気を付ける事が一番の近道です。10代は基本的に学生が多いですから、大人と違って環境を整えやすいはずです。

 

毎日、早く寝る生活は当たり前ですが、早く寝るという事は、髪を育てる時間を増やすことになります。

 

出来るだけ髪に良い時間を供給してあげましょう。髪の毛の栄養もしっかり取る。10代はどうしてもスナック菓子やジャンクフードなど好きだと思いますが若ハゲを気にしているのであれば、控える事をおすすめします。

 

脂分が多いものは髪の毛にとって良くありません。友達との付き合い以外はあまり食べるのを控えましょう。ミネラルを多く含み食事を中心に取ると髪の毛に良い影響を与えます。

 

髪の毛を育てる行為とともに行いたいのが髪の毛へのダメージをなくすことをです。10代で若ハゲの中には過激なヘアースタイルを何度も繰り返したことが原因の方も多く見受けられます。

 

やはり、10代しかできない事は多いですから気持ちは分かりますが、一回ダメージを負ってしまうとなかなか髪の毛は生えて来ません。

 

髪は長い友達ですので今だけ良ければいいという考え方を少し改めて若ハゲがこれ以上進まないような髪型を研究しても良いのではないでしょうか。