高校生でつむじが薄毛になるの?

頭頂部

 

高校生でも薄毛になるということを知っていますか?そして、やはり薄毛になるのは頭の頭頂部であるつむじが多いです。ですが、高校生が薄毛になるにはそれなりの理由があるので、髪の毛が薄いと思ったら何か理由があるか確かめてみましょう。

 

高校生は忙しくストレスがたまっている人も多いですよね。もしかしたら知らない間に薄毛になっている可能性があるので、つむじを見たことがないなら確認してみましょう。

 

薄毛は30代以降の問題だと思っている人も多いと思います。もちろん年齢を重ねる方が薄くなっていくのは間違いがないのですが、若くても薄毛で悩んでいる人もたくさんいるのですよ。

 

中には高校生からつむじが薄いと悩んでいる人もたくさんいます。ですが、高校生が薄毛になるにはそれなりの理由があります。では、どんな理由でつむじが薄毛になるか紹介します。

 

高校生がつむじハゲになる理由

一般的には年齢を重ねると薄くなってくるのですが、高校生から薄いのはどんな原因があるのかというと、それは寝不足です。高校生はバイトや学業に忙しくどうしても睡眠をおろそかにしてしまいがちですよね。ですが、実はその習慣がつむじハゲの原因になっているのですよ。

 

何故なら髪の毛は寝ている間にダメージを回復するので睡眠時間が短いと髪の毛は回復する事が出来ずに抜けやすくなるからです。そのため、高校生からつむじハゲを気にする人は睡眠時間を見直すことが大切です。

 

他にも脂っこいものばかり食べていてもうむじが薄くなると言われています。特に高校生は好きなものばかり食べている人が多く栄養バランスが悪いです。そして、特に脂っこいものを大多く食べると皮脂がたくさん分泌されます。

 

大量に分泌された大量の皮脂が髪の毛の毛穴に詰まると頭皮は炎症を起こし、その結果つむじの髪の毛が薄くなってしまいます。

 

髪の毛の洗い方も気をつける事が大切

また、部活動などで激しい運動をした後はシャンプーで髪を洗いたくなりますよね。ですが、汗をかくからと1日に何回も髪の毛を洗うのは危険です。

 

髪の毛を洗いすぎると皮脂が必要以上に洗い流されてしまい、そうなると反対に多くの皮脂を分泌してしまいます。そして、多く皮脂が分泌すると頭皮に炎症が起こると薄毛が進行してしまうので、髪の毛の洗い方にも注意が必要です。

 

ストレスにも要注意!

高校生活にストレスをたくさん抱えている人も多いです。そのため、中にはストレスで薄くなってしまう人もいるのでそういう人は注意が必要ですね。ストレスがあるなら出来るだけためないようにしましょう。

 

このように、高校生でつむじが薄毛になる理由を紹介しました。薄毛は30代、40代で悩むと思っている人は高校生でも薄くなる可能性があるということを覚えておいてくださいね。

 

そして、出来るだけ薄毛になりにくいような生活を心がけるようにすることが大切です。今薄毛で悩んでいる人は参考にして薄毛を予防するようにしてくださいね。