高校生の薄毛の原因はストレスなの?

焦る男子学生

 

高校生の薄毛の原因がストレスなのはなぜか、ストレスといっても一つではなく身体的ストレスから精神的ストレスまで様々でそれらを感じる事で体の中では何が起こってしまう。

 

最終的にストレスをなくすのは無理ですがどうすればストレスを少しでも少なくできるかという対策も含め高校生の薄毛の原因にもなるストレスについて書いています。

 

高校生の薄毛とストレスとの関係

ストレスを感じやすくなると髪の毛は薄くなっていきます。なぜそうなのかというとストレスを感じる事で血行不良になると言われています。血液というのは体の至る所に流れているものであり、髪の毛を形成する毛乳頭というのは血液から栄養をもらっています。

 

なので強いストレスを感じてしまうと血管が収縮してしまい血液が少ししか流れないため発毛する力が弱まり薄毛の原因になります。そして不眠症も発症するようになります。人間は成長ホルモンというのが盛んに分泌されており特に睡眠中はその分泌が最も盛んだと言われております。

 

ストレスを抱えてゆっくり眠れないと成長ホルモンがうまく分泌されずに薄毛を招いてしまいます。そして内蔵機能の低下も考えられており内蔵は髪の毛の栄養にもなるタンパク質の吸収率がいいと言われていますがストレスで機能が低下する事によりうまくタンパク質を吸収できず髪にまで栄養が届かないです。

 

そして最後にアドレナリンの分泌です。強いストレスを感じるとアドレナリンが過剰分泌してしまいます。このアドレナリンは頭皮からでる皮脂汚れなどを過酸化脂質に変える特徴を持っておりこれが毛穴に詰まってしまい健康な髪の毛が生えてこない原因になります。

 

高校生ともなると友人関係から大学受験をしようと考えている人なら勉強に部活に頭を悩まされる事が増えていきます。そのストレスを感じることで髪の毛が薄くなってしまいます。また年頃ですし恋愛での失敗や挫折などは精神的ストレスの原因になります。

 

ストレスを解消して高校生の薄毛進行を遅らせる

高校生でストレスを解消しようと言っても全くのゼロにするのは限りなく不可能です。そこで少しでもストレスを緩和するようにするために、例えば趣味にのめり込める時間を30分ほどでもいいので作ってみるだけでも全然違ってきます。それに入浴はストレス解消に最も近づける要因が詰まっています。

 

ストレスで血行不良、不眠、内蔵機能の低下などを上げましたがどれもお風呂にゆっくり浸かる事で解消できるものです。

 

入浴はリラックス効果が高いものです。お風呂上りは体が火照ってしまったりもすると思いますがゆっくり湯船に浸かることで血液の流れがよくなりお風呂上がりから体温が1度下がった時に人は質のいい睡眠を取ることができます。質のいい睡眠は成長ホルモンの分泌も行ってくれるので高校生の薄毛対策にはもってこいです。

 

自分の好きな匂いの入浴剤などを使って入浴時間を少し長めに、そしてゆっくり浸かることでストレス緩和にもなるので是非今日からでもやってみて下さい。