高校生が「こめかみ」のハゲを見逃してはいけない

こめかみを気にする男性

 

最近は高校生でも薄毛を気にする人が増えています! そんな高校生は自分の旋毛やM字だけでなく、”こめかみ”を見て将来ハゲるかどうか判断するそうです。

 

こめかみでハゲ? と思うでしょうが、実は見過ごしているとここから本格的なハゲになる可能性もあります。だからこそ、適切な対策が大事となるのです。

 

高校生の薄毛サインは”こめかみ”に出る

10代の青春真っ只中で、好きな髪形を楽しんでいる高校生なら、まさか自分がハゲになるとは思いもしませんよね。

 

それに、なるとしても30代や40代の中年オヤジになってからだから平気と高を括っていませんか? その気持ちは確かに理解できますが、中年男性でも薄毛の人とまったく薄くない人がいますよね。

 

さらに、若い時は毛が細く薄くなりそうだと思われても、その状態をキープする人もいれば、高校生時代は剛毛なのに社会に出ると一気に薄くなる人がいます。この差って何なのでしょう。

 

結論として遺伝や体質もあるでしょうが、個人的には薄毛の兆候サインを気にするか、或いは気付いて適切なケアをするかどうか? の差だと思っています。

 

一般的には男女問わず髪が薄くなるのは、額やM字、それに旋毛となります。しかし、もう一つ見逃してはいけないポイントがあります。

 

それが、”こめかみ”なのです。こめかみとは、頭の両側にある目と耳の中間部分的な場所です。よく頭痛がすると、こめかみが痛いとマッサージする人がいますよね。その付近の場所となります。

 

では、なぜこめかみとハゲが関係あるのでしょう。と言うか、多少薄くなってもあまり気にしない場所ですよね。しかし、薄毛になる人やM字が気になる人は、その最初はこめかみからハゲる場合が実は多いのです。

 

これが厄介なのは、額や旋毛など他の部分は現状を維持している、或いはほぼ変化がないので、こめかみが少し薄くなっても気が付き難いのです。

 

もし気になるなら、自分の幼少期の顔写真と現在を比較してみて下さい。きっと、こめかみのハゲ具合が進行しているかも知れないです。

 

”こめかみ”のハゲを克服するには早めの育毛対策

もし、こめかみが少し薄くなっているとしても、慌てる必要がありません。逆に早めに気がついてラッキーだと思うべきです。これを見過ごすと、本格的な薄毛進行の可能性もありましたが、高校生という成長期に気が付けば十分対策ができます。

 

例えば、現在はドラッグストアに行けばあらゆる育毛剤や育毛シャンプーを購入する事が可能です。こめかみの薄毛の原因の一つとして、現在使っているシャンプー合わない可能性もありますよね。

 

気が付かず、毎日使用していると少しずつダメージとなり、こめかみから全体に広がったかも知れなかったのです。その意味でも、早めの対策こそ効果的なのです。

 

さらに、食生活が不規則でバランス悪い、運動不足、PCやスマホなどのやり過ぎや寝不足なども髪には絶対によくありません。

 

その兆候がこめかみのハゲに現れたと思って下さい。とにかく、一つひとつの問題点を潰していけば、高校生という若さがあるなら悲観する事無く克服する事が十分可能なのです。

 

まとめ

高校生でも個人差があるので、中には薄毛を気にする人もいるでしょう。また、現在悩んでいなくても、こめかみが薄くなっている事に気が付かない場合もあります。

 

こめかみが薄くなる事は、ハゲの兆候サインだと思っているので、心配なら早めの対処をするべきです。現在は良い育毛剤も発売されていますし、食事改善や健康的な生活を心掛ける事で、将来の薄毛不安を取り除けるようになります。