高校生から前髪の量が少ないと将来薄毛になる?

前髪の薄毛を気にする男性

 

薄毛ではないけれど、前髪のボリュームがちょっと少ないという人がいるかと思います。私自身の実体験ですが、そういう人は必ず10年後には薄くなり始めます。

 

薄毛になってから色々対策をしても遅いです。高校生は多感な時期かもしれませんが、勇気を持って将来薄毛にならないためにどういう行動をとればいいかをアドバイスします。

 

思い切って髪型を変える

高校生の頃は、ワックスを使ったりパーマを当てたりしておしゃれなヘアスタイルをしている人が多いと思います。でも、前髪が少ない人はなかなかヘアスタイルで遊べません。自分のことをダサいと思い込んで、ネガティブになっている人がいるかもしれません。

 

でも、前髪が薄いと、将来どんどん髪型で苦しむことになります。薄毛になってから坊主にしたいと思っても、社会人になってからはなかなか難しいです。しかも、薄毛になってからの坊主はちょっと恥ずかしいです。なので、いっそのこと高校生からずっと坊主にしてみてはいかがでしょうか。

 

高校生の時こそ勇気がいるかもしれませんが、案外気持ちがいいものです。坊主にしてしまえば周りが言うほど自分は気にならないですし、将来薄くなってから気にならなくなります。むしろ坊主にすることで通気性がよくなり薄毛にならないかもしれません。

 

なので、私は高校生という若く自由な時期を使って、思い切って坊主にすることをおすすめします。夏休みとか冬休みといった長い休みを使って挑戦するのもいいかもしれませんね。

 

大豆を食べる習慣をつける

大豆は良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。しかも、女性ホルモンににた物質も含んでいるため、それが薄毛に効果があると言われています。美容にもとてもいいです。高校生の頃は、ニキビとかもできることが多いと思いますが、大豆を食べることで改善されるかと思います。

 

大豆を食べるとなると、納豆や豆腐のイメージが強いと思います。自分で買うというよりは家での食事に出してもらえるかどうかが大切になってきますね。家で食卓に毎日毎日は大豆製品を出してもらうのは難しいかもしれません。なので私がおすすめするのは豆乳です。

 

学校に行く前にコンビニによって豆乳を買って登校し、昼食の時に飲むといいでしょう。コンビニでも結構安価に売ってますが、スーパーとかでまとめて買っとくのもいいかと思います。

 

豆乳は手軽に摂取できて、しかもお小遣いでも買えるくらいの値段なので、余計な負担がかかることなく続けることができるかと思います。大豆を摂取することを習慣化すれば、肌もきれいになりますし、健康な髪の毛が生えてくるかと思います。

 

高校生というまだまだ若いうちに元気な髪の毛を作っていれば、将来薄毛になる可能性は減るでしょうし、前髪のボリュームが増え、ヘアスタイルで遊べるでしょう。