高校生の後頭部の薄毛を予防する方法

後頭部

 

薄毛は年齢を重ねてから表れるものだと思っていませんか。しかし、高校生でも後頭部が薄くなることはあります。思春期に後頭部が薄くなるとショックを受けることでしょう。

 

しかし、高校生の後頭部の薄毛は進行を抑えられる可能性があります。では、どのようにして後頭部の薄毛の進行を抑えたらいいのでしょうか。

 

高校生の薄毛は食事の見直しからはじめよう

高校生は塾や遊びで忙しく、食事が不規則になりがちで、栄養バランスが崩れています。ファストフード、清涼飲料水、コンビニのお弁当、お菓子などをよく口にしているようなら、栄養のバランスが崩れている可能性があります。

 

健康な髪を育てるためには栄養素が必要です。髪は18種類のアミノ酸で構成されるケラチンというタンパク質でできているので、タンパク質が不足をすれば髪の成長に影響が表れます。

 

また、髪を成長させるためには、亜鉛、鉄分、ビタミンB群、ビタミンEなどのミネラルやビタミンも必要です。ファストフードやお菓子などでは、これらの栄養素を十分に摂取することはできません。

 

高校生の後頭部の薄毛予防のための食事

高校生の後頭部の薄毛を予防するには、髪の成長に必要なタンパク質が欠かせません。良質なタンパク質は肉類、魚類、乳製品、大豆、卵などに含まれています。肉や乳製品は飽和脂肪酸が多く、飽和脂肪酸を過剰摂取すると皮脂分泌が増加します。

 

皮脂が多く分泌されると毛穴につまって抜け毛が増えることがあるので、肉や乳製品ばかりでなく大豆や魚などからもタンパク質を摂取しましょう。

 

亜鉛は普段の食事に気をつけていないと不足しやすい栄養素です。亜鉛は髪の細胞分裂に必要で、薄毛の改善をサポートしてくれます。亜鉛が多い食品は、牡蠣、豚レバー、卵黄、カシューナッツ、ごまなどです。

 

シャンプーの見直しで後頭部の薄毛予防

後頭部の薄毛は自分では見えにくいので、シャンプーの仕方が雑だったり、逆に洗い過ぎていたりすることがあります。雑に洗っていると汚れが残ってしまい、頭皮環境が悪化をして薄毛の原因になります。しかし、洗い過ぎると頭皮の潤いが失われて頭皮環境を悪化させるので、これも薄毛の原因になります。

 

シャンプーをするときには、ゴシゴシこすらないように気をつけてください。強い力でこすると頭皮が傷ついてしまいます。まずシャンプーを手のひらにとってよく泡立てたら泡を頭全体にのせて、指の腹でマッサージをするように洗います。

 

後頭部の薄毛は見えにくいのですが、洗い方が雑になったり洗い残しがないように気をつけてください。

 

高校生はおしゃれを気にして、香りがよいシャンプーを使っているのではないでしょうか。香りがよいシャンプーには合成香料が使用されている可能性があります。

 

合成香料は頭皮に刺激を与える成分なので、薄毛の予防のためにはできるだけ使用しないことが望ましいです。香料、着色料、アルコール、パラベンなどは頭皮に刺激がある成分なので、シャンプーの原料を確認して購入してください。